NTT DATA Global IT Innovator 株式会社NTTデータスマートソーシング
Enterprise オプション

サイト間のファイル移動

サイト間のファイル移動

「OpenCube Workflow 」は、業務プロセスごとの文書の移動先をVisioで設定できます。
業務プロセスごとの滞留をサブフォルダで一目瞭然にしたり、サブフォルダごとにセキュリティを変えたりと、応用はさまざまです。
標準版では、ドキュメントライブラリ内のサブフォルダでのみ移動できますが、Enterprise オプションでは、サイトをまたがった文書の移動も実現します。
部門ごとに構築したサイトとは別にワークフロー用のサイトを作る必要が無くなり、運用が楽になります。

Word/Excel 以外の回覧

Word/Excel 以外の回覧

Word、Excel、InfoPath以外のどのような形式のファイルでも、SharePoint上で回覧できるようになります。
SharePoint標準のワークフローの操作感で、OpenCubeの高機能なワークフローが簡単に利用できるようになります。
PDFファイルや、Fax受信したTIFF画像、メモ帳で作成したテキストファイルまでも回覧でき、「OpenCube Workflow」の用途がさらに広がります。

複数のファイルをまとめて回覧

複数のファイルをまとめて回覧

サブフォルダを回覧できます。
複数のファイルをまとめて回覧できるため、関連資料、添付資料の多い複雑な業務にも余裕で対応できます。

電子メールでの回覧

電子メールでの回覧

電子メールでの回覧ができます。
メールを使える環境であれば、時間や場所を選ばず回覧ができるため、迅速な意思決定が行えます。

プライバシーポリシー     サイトマップ

OpenCube概要